七五三参拝だけでご祈祷なしでもOK?着物以外の服装で楽しむ方法!

当ページのリンクには広告が含まれています。
753-omairi.jpg

七五三の準備でちょっぴり頭を悩ませていませんか?
「ご祈祷はどうしよう」「着物は必要なの?」など、
疑問や悩みがたくさんあると思います。

結論だけ先に言うと、ご祈祷をしないで参拝だけでも、着物以外服装でも
ちゃんとした七五三のお祝いができるので問題ないですよ。

この記事では、「七五三で参拝だけでもいいのかな?」と考えているお父さん、お母さん、
そして祖父母の方々に向けて、参拝だけで七五三を迎える方法や
そのメリットについてわかりやすく説明します。

この記事を最後まで読んでいただくと、参拝だけで七五三をどう迎えるか、
参拝だけなら、どんな服装で行けばいいのか、そしてそのメリットがしっかりとわかります。

そんな疑問や悩みをこの記事を読んだらスッキリ解消できるようになりますので
ぜひ最後まで読んで、素敵な七五三のお祝いを迎えてくださいね。

また、お参りの後、お食事会にいく予定をしている人はコチラの記事もよかったら参考にしてみてくださいね。

目次

七五三ご祈祷って必要?参拝だけでも問題なし!

七五三は、子供の成長を祝う日本のお祭りです。
七五三にご祈祷をすると、子供の健康や幸せを神様にお願いできます。

神様にお願いするのに予約と「初穂料」という費用が必要です。
場所にもよりますが大体5000~1万円くらいです。

ご祈祷してくれる時間は大体30分くらいです。
これが高いか安いか、意味があるかないかは個人の判断ですが

ご祈祷も参拝だけも両方経験した私から言うと
ご祈祷をしなくても、参拝だけでも問題ないです。

しかも有名どころの神社だと、参加する人がすごく多くて
流れ作業みたいな感じで写真も撮らせてくれないし
全然ありがたみが感じられませんでした。

私のときが、たまたまだったのかもしれませんが、
もう少し丁寧に心を込めてご祈祷してほしかったですね正直。

参拝だけで、ご祈祷しないメリット

ご祈祷をしないで参拝だけするメリットは、
時間が短くてすむことや、なんと言ってもお金がかからないことです。

その分、プレゼントやお参りのあとの食事会に使えます。

できたらご祈祷したい親御さん、地元に神社はありませんか?

参拝だけでもいいけど
「どうせならご祈祷もしたい!しかもしっかり心をこめてお祈りしてほしい!」という人は
有名どころの神社をさけて、地元の小さな神社(産土神社)がおすすめです。

産土(うぶすな)神社とは、こどもが産まれた土地を守る(産土)神様がいる神社です。

例えば、小さい時から毎年決まって年始にお参りする神社や、
実家の地元のお祭りに参加してた記憶とかないですか?

そこが自分の産土神社なので、
神様も産まれたときからずっと見守ってくれているという場所です。

私は有名どころの神社のご祈祷にがっかりしたので、
2回目は地元の産土神社でお願いしました。
平日ならほぼ貸し切りです。

ちゃんと一人ひとりの名前・住所を
読み上げてくれて神様にしっかり祝詞を
奏上してくれたのでめちゃくちゃ満足でしたよ!

ただ大阪人なので地元愛が強いだけ?(笑)

ご祈祷しないと千歳飴はもらえない?

753-omairi.jpg

ご祈祷すると授与品として千歳飴がもらえます。
ご祈祷しないと、現代ではもらえません。
(昔は配っていたところもあったようです。)

神社でもらえる千歳飴は祈願されているので、やはり特別感があるのでしょうね。
(神社でも売っている場合もあります。)

千歳飴はどこで買える?

神社以外だとスーパーやコンビニでも売っていますし、
インターネットでも買えます。(七五三シーズン)

ケーキ屋さんや和菓子屋さんでもシーズン中は取り扱っているお店もあります。

キャラクターものや、戦隊モノもあったりするので、自分の好きな千歳飴を選ぶことができますよ。


意外と知らない千歳飴の意味

飴はどこまでも長く伸びる細く・長く・粘り強く)意味合いから
健康や長寿という願いが込められています。

しかも千歳飴は最長1メートルまで、太さ15ミリまでと決まっているのです。

子供たちが元気に育って、長生きすることを願う、神様や仏様からのプレゼントだと思ってくださいね。

七五三で参拝だけの場合は着物じゃなくてもOK?

753-omairi.jpg

七五三のお参りでは、着物を着てお参りするのが一般的ですが、
ご祈祷なしで、参拝だけする人は着物でなくても大丈夫です。

ただ、写真も一緒に残した場合や出張カメラマンさんを呼んでいる場合は
参拝だけでも、こどもと合わせて着物を着ることをお勧めしますよ。

七五三の思い出を残す方法として

大手のカメラ屋さんや、フォットスタジオで予約する方が多いです。

実際は特にシーズン中はどこも予約がなかなかとれないし、
サービス内容もややこしいし、高いし、何より子供との相性が当日にならないとわからない。

我が家の場合、特に人見知りの我が家の娘は大変でした!(泣)
結局最後までカメラマンさんと相性が悪く、一枚も笑顔がない写真データから選ぶ羽目に…。

もし子供の最高の写真を撮りたい、お参り先で自然な顔を一生残したいという方は
こちらのOurPhotoというサービスがめちゃくちゃおすすめです。

自分でカメラマンを選べるし、口コミも見れるし、予約もできます。
個人でカメラマンをしている方なので、コミュニケーション能力も抜群!

ちょっとしたリクエストなども叶えてくれる、素敵なカメラマンさんがいっぱいです。
過去の写真も見れるので「こんなふうに撮ってくれる人探してた!」という、
自分で納得できる人を探せます。

今やカメラマンさんも自分で選べる時代なんですね!
平日ならさらにお得ですよ!

>>出張撮影・家族写真のOurPhoto<<


着物でなくても大丈夫な場合はどんなとき?

着物でなくても大丈夫な場合は、参拝だけでご祈祷を受けない場合です。
神社やお寺によっては、ご祈祷も着物でなくてもOKというところもあります。

お子様の服装はどうしたらいい?

お子様の服装は、可愛らしくて動きやすいものがいいです。
男の子は羽織袴や袴姿が人気です。

女の子は3歳は被布、5歳は振袖、7歳は小振りの振袖が人気です。
色柄は明るくて季節感のあるものがいいですね。
髪型も清潔感があって髪飾りをつけると素敵ですよ。

親御さんの服装はどうしたらいい?

親御さんの服装は、あまりカジュアルすぎないようにしましょう。
父親はスーツやジャケットスタイルが一般的ですね。

母親は訪問着や付下げなどが一般的です。
色柄は明るくて季節感のあるものがいいですよ。

靴もパンプスや革靴などフォーマルなものを選びましょう。

よくあるQ&A

七五三で祈祷は必須ですか?参拝だけでも大丈夫ですか?

いいえ、祈祷は必須ではありません。
参拝だけでも、子供の成長と健康を神様に感謝することができます。

参拝だけの場合、着物は必要ですか?

着物は必須ではありません。カジュアルな服装でも基本的には問題ないです。
ただし、写真をとる場合は子供と合わせて着物がオススメです。

ご祈祷しないと千歳飴はもらえませんか?

神社やお寺によって異なりますが、基本的にはご祈祷の授与品としてもらえます。

参拝だけの場合、何か特別なマナーは必要ですか?

特別なマナーは基本的にはありませんが、神社での一般的なお参りのマナー、
例えば手水舎で手を清める、本殿での二拝二拍手一拝などは守るようにしましょう。(神社仏閣によって作法が異なる場合があります。)

【まとめ】七五三参拝だけでご祈祷なしでもOK!着物以外の服装で楽しむ方法!

七五三参拝だけでご祈祷なしでもOK!
着物以外の服装で楽しむ方法!についてまとめてきました。

最近では、ご祈祷しないでお参りだけで済ます人も増えているみたいです。
この先、もっと増えていくことが予想されますね。

七五三の服装については昔は、着物を着てお参りするのが普通でしたが、
今は、カジュアルな楽な服でもOKです。

とはいえ、最低限のマナー(帽子やサングラスなどの小物は外すなど)は、
お参りのときは守るようにしましょうね。

また、写真を撮る予定(カメラマンを呼んで)の人は、
こどもに合わせて着物を着ることをオススメしますよ。

子供の成長を祝う大切な七五三なので、楽しくお参りしてくださいね。

目次