七五三の食事会は誰が払うのが常識?失敗しない場所選びのコツと着替え

当ページのリンクには広告が含まれています。
753-party.jpg

七五三でお参りのあとはみんな揃って食事会!の流れが一般的ですよね。

でも、実際問題「七五三の食事会って、誰がお金を払うの?」と、
多くのパパやママが抱えているものですよね。

特に、初めて七五三を迎える家庭では、何をどうしたらいいのかわからないことだらけ。

結論を先言うと
七五三の食事会の費用は親(ママ・パパ)が払うことが多いです。
ただし、祖父母が負担してくれる場合もありますので、事前に家族内で話し合って決めるのが一番です。

この記事を読むと、誰が食事代を払うのか、どういう選び方があるのか、
それにどんなメリットがあるのか、全部わかります。

ほかにも

  • 失敗しない場所選びのポイント
  • 食事会の一般的な相場
  • 食事会は着物のままでよいのか?
  • 食事会は誰を呼ぶ?家族(ママとパパ)だけでもよいのか?
  • 七五三の食事会は必ずしも必要か?

についても紹介していきます。

正直、支払いのことで気を使うと、後々めんどくさくなります!
なので今後イベントごとも増えるのますし、おじいちゃんやおばあちゃんと会う回数も増えるので

今後のためにも、ここでしっかりと、家庭ごとにルールを作っておくといいですよ。

より充実した七五三の食事会にしたい方はぜひ参考にしてくださいね。

七五三のお参りする日がなかなか決まらないときや
「大安」以外の日でお参りしたらダメなのか気になっている人は
コチラも参考にしてくださいね。

目次

七五三の食事会 気になる相場!食事代は誰が払う?

ここでは七五三の食事会について、気になる費用やなどについてご紹介しますね。

予約する場所やお店によってお祝い膳やコースなどもありますよ。

七五三の食事会の費用はどれくらい?

七五三の食事会の費用は、場所や人数によって大きく変わりますが、
一般的には子ども1人あたり2,000円〜3,000円程度が相場です。

大人1人あたりは4,000円〜8,000円程度です。
食事会をする場合は、子どもの両親(ママパパ)が支払うのが一般的ですが、

地域によっては親族を招いて祖父母が支払うというケースもあります。

七五三の食事会の費用を安く抑える方法

七五三の食事会の費用を安く抑えたい場合は、自宅での食事会やランチタイムを利用することがおすすめです。
自宅での食事会なら、食材費として子ども1人あたり2,000円程度で済む場合もあります。

またランチタイムなら、子ども1人2,000円程度、大人1人5,000円以内で楽しめるレストランも多いです。

七五三の食事会 外さない場所のポイント

753-party.jpg

七五三の食事会にぴったりな場所の選び方を紹介します。

各家庭の家族構成(兄弟姉妹)や祖父母が遠距離なのか、なども考慮して選択しましょう。

七五三の食事会にふさわしいお店の選び方

まず、参拝する場所と家との距離から、どのあたりで食事会をするか決めましょう。
食事がランチなのか、軽食なのか、ディナーによって参拝時間も決まるはずです。

あとは予算と店を選ぶ流れですね。

ホテルや料亭、カジュアルなレストラン(ファミレス)、または自宅が主な選択肢となります。
それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

ホテル・料亭

ホテルや料亭での食事会は、格式を重視し、一生に一度の記念にしたい場合におすすめです。
サービスが充実しており、特別な日をより一層盛り上げてくれます。

ただし、費用は高めで、一人あたり1万円以上かかることもあります。
また、個室がない場合は周りの目が気になるかもしれません。

お店によっては小さい子供はNGとする店もありますので事前に確認しましょう。
>>最大53%OFF!レストラン予約も一休.com!<<

カジュアルなレストラン・ファミレスでもよいのか?

カジュアルなレストランやファミレスでの食事会は、気軽に楽しみたい、
小さな子どもがいる場合
におすすめです。一人あたり2,000円程度で食事が楽しめます。

子どもメニューも豊富で、小さな子どもがいる家庭にはありがたい選択肢です。
ただし、個室がない場合があり、時間帯や曜日によっては混む可能性があります。

自宅で食事会を開く

自宅での食事会は、親戚や友人を呼びたい、費用を抑えたい場合に最適です。
自分たちのペースで楽しむことができます。

また、宅配弁当でお祝い膳を頼むことも可能です。
一人あたり3,000円〜5,000円程度で特別な食事が楽しめますし洗い物もあまり出ません。

ただし、当日までに片付けなど準備が大変かもしれません。

ネットで注文して並べるだけで、雰囲気でますよ!


以上のように、七五三の食事会の場所は、家族の希望や予算に応じて多様です。

格式を重視するならホテルや料亭、カジュアルに楽しみたいならレストランやファミレス、
費用を抑えたいなら自宅がおすすめです。

どこでも素敵な思い出が作れると思います!

七五三の食事会 店のタイプ別

七五三の食事会で失敗しない場所選びのポイントは、

  • 個室の有無
  • お座敷の有無
  • アクセスの良さ

これらのポイントは、食事会の目的や参加者のニーズに応じて重要になります。
特に、小さな子どもがいる場合や、高齢の祖父母が参加する場合には、これらのポイントが特に重要です。

個室があるお店


個室があるお店は、プライバシーを重視する場合や、小さな子どもがいる場合に特におすすめです。
個室があると、周囲を気にせずに楽しむことができます。

特に小さな子どもがいる場合、周囲に気を使う必要がなく、リラックスできますよ。
そのまま昼寝しても大丈夫ですしね。

お座敷のあるお店


お座敷のあるお店は、和風の雰囲気を楽しみたい場合や、高齢者にも座りやすいので便利です。
高級な料亭なイメージですね。

アクセスの良い店


アクセスの良い店は、遠方から来る祖父母や、交通手段が限られる場合に特に重要です。

アクセスの良い店を選ぶことで、祖父母の帰りもみんなで見送りできます。

七五三におすすめの縁起のよい食べ物

753-party.jpg

七五三は、子どもの成長をお祝いする日本の伝統的な行事です。

縁起のよい食べ物とは、日本の昔からの文化や習慣に基づいたものです。

例えば、鯛は「おめでたい」という言葉にかけて、お祝いの席によく出されます。

鯛は頭から尾まで丸ごと焼くと、見た目も豪華で美味しそうですね。
海老や鮑も縁起が良くて、長寿を願う人々に愛されてきました。

海老は曲がっているから「笑っている」という意味があります。

鮑は高級な食材で、七五三の食事会にふさわしいです。

他にも、

  • 昆布
  • 牛蒡
  • 小豆
  • 黒豆
  • 松の実

なども縁起が良い食材です。

昆布は健康や長寿を願う人々に愛されてきました。
牛蒡は長くて太くて強そうな野菜です。小豆や黒豆は赤色や黒色が縁起が良いとされています。

松の実は松の木から取れる実で、松の木は長生きする木だからです。

とはいえ、こどもが喜んで食べるような食材ではないので(なかには喜ぶ子もいますが)
例えば、ちらし寿司や赤飯でおにぎりなどすると、色とりどりで楽しいでよ。

ちらし寿司は具材を自由に選んで作れるから、好き嫌いがある子どもでも大丈夫です。
赤飯は赤色が縁起が良くて、甘くて美味しいです。

七五三の食事会で着る服装は?着物のまま?

七五三の日には、子供は着物やドレスを着て、お参りに行きます。
その後、家族や親戚で食事会をします。

食事会では、どんな服装を着るのがいいでしょうか?

一般的には、お参りで着た着物やドレスをそのまま着て食事会に行くことが多いです。
特に、料亭や高級なレストランで食事会をする場合は、着物で参加することが多いです。

でも、カジュアルなレストランや自宅で食事会をする場合は、着替えることもあります。
とくに子供は着物は着心地が悪かったり、汚れたりすることもあるので、簡単に着替えれる服をもっていきましょう

ママやパパも同じです。
お参りでは着物を着ることもありますが、食事会では普段着でも大丈夫です。
パパはスーツが多いのでそのままでも問題ないですが、

ママの場合はもし着替えるなら、脱いだ着物を畳む練習をしておきましょう。

まとめると、七五三の食事会での服装は、場所や人によって違います。

一般的には、お参りで着た着物やドレスをそのまま着て食事会に行くことが多いです。
でも、カジュアルな場所では、普段着でも大丈夫です。大切なのは、みんなが楽しく過ごせるようにすることです。

七五三の食事会は誰を呼ぶ?家族(ママパパ)だけじゃダメ?

七五三の食事会には、誰を呼ぶのでしょうか?
それは、家庭や親の考え方によって違いますが

一般的には、近い親戚や祖父母が参加することが多いです。
特に、祖父母は孫の成長を一緒に祝いたいと思うことが多いです。

でも、祖父母が遠くに住んでいたり、体調が悪かったりする場合は、
参加できない
こともあります。

その場合は、電話や手紙でお祝いの気持ちを伝え、写真も一緒にあげると喜ばれますよ!

今この瞬間を素敵な写真に残し、色褪せない思い出を残すことに特化したフォトグラファーサービス!

>>出張撮影・家族写真のOurPhoto<<

また、家族だけで食事会をするのも、一つの良い選択方法です。
大切なのは、家族みんながその日を楽しむことです。

親戚や祖父母との距離や仲良し具合もいろいろあるでしょうし
七五三の食事会に呼ぶ人は、家庭や親の考え方によって違いますので

ママパパと相談して柔軟に対応しましょうね。

七五三の食事会は必ずしも必要か?  

こちらも各家庭によって考え方があります。
なので七五三の食事会は、必ずしも必要ではありません。

でも、多くの人がやっているのも事実です。

子どもの成長と健康を祝って、家族や親戚と仲良くするため、
少しでも祖父母が元気のうちに孫の晴れ着を見せてあげたい!という気持ちが大きいですね。

あまり食事会のような場は好きじゃない人もなかにはいますが、
少しの食事の時間を楽しむのもたまにはいいものですよ。

一般的には、お参りのあとにランチタイムの少しの時間だけ食事をします。
祖父母も孫の前ならご機嫌さんです。(笑)

思い出の写真をいっぱい撮ってあげてください!

よくあるQ&A

七五三の食事会の費用は誰が払うのが一般的ですか?

一般的には、七五三の食事会の費用は親(ママ・パパ)が払うことが多いです。
ただし、祖父母が負担してくれる場合もありますので、事前に家族内で話し合って決めるのが一番です。

七五三の食事会はどこで行うのがいいですか?

料亭やホテルで格式高く行う家庭もあれば、カジュアルなレストランやファミレスで行う家庭もあります。
地域によっても異なりますが、一般的にはホテル・料亭での食事会が多いようです。
最近では自宅で行う家庭も増え、宅配弁当でお祝い膳を用意することで手軽に準備することもできますよ。

七五三の食事会で着る服装は何がいいですか?

お参りが終わった後、そのまま着物で食事会に参加する家庭も多いです。
ただ、着物は子どもにとって動きづらいし汚れやすいので、
着替えるタイミングと場所を事前に確認しておきましょう。

七五三の食事会は必ずしも必要でしょうか?

七五三の食事会は必須ではありません。
家庭や親の意向、または子どもの状況や祖父母の体調よっては食事会を省くこともあります。

大切なのは、子供の成長を祝う行事の一環として、誰とどう祝うか。
段取りなど「めんどくさい」かもしれませんが、子供も孫に会える祖父母もうれしいはずですよ!

七五三の食事会の費用はどれくらいが相場?

地域や会場一般的によってさまざまですが、一般的には
子供1人あたり2,000円~3,000円程度が相場です。


【まとめ】七五三の食事会は誰が払うの?失敗しない場所選びと着替え

七五三の食事会は誰が払うのが常識?失敗しない場所選びと着替える服装についてまとめてきました。

七五三の食事会について、子供の成長を祝う行事の一環として行われることが多く、
家族や親戚が集まってお祝いすることが一般的です。

食事会をするかどうかは自由であり、家族だけで行う場合もあります。

ただ、いろいろと段取りや予約、準備がめんどくさいのも事実です。

ですが、子どもの成長を祝う大切な行事なので、ここはママパパの腕の見せ所です。
毎月やるものではないので、お祝いの七五三は楽しみましょう!

きっとお子さんも大きくなったときに、笑顔でみんな映っている写真を見て
幸せな気持ちになるはずですよ!

ママさん、パパさん、そしておばぁちゃん、おじぃちゃん、
七五三おめでとうございます!!

素敵な最高の1日になりますように!!

目次