厄年にやると良いこと&過ごし方!意外と知らない厄払いに行くタイミング

当ページのリンクには広告が含まれています。
厄年に やると良いこと

厄年を迎えると、不安や疑問がつきものですよね。
でも大丈夫、この記事を読んで、あなたの厄年を充実したものに変える方法を見つけましょう。

この記事では、男女別・男女共通「厄年にやると良いこと」について紹介します。

まず、厄年には心の整理が大切です。
悩みやストレスを抱えているときこそ、自分と向き合い、
心を落ち着かせる時間を持つことが重要です。

自分の気持ちを大切にすることで、落ち着いた心で厄年を迎えられますよ。

そして、身の回りを整えることも大事です。
部屋を片付けたり、整理整頓を心がけることで、気持ちも整理されます。

整った環境は、心を落ち着かせ、新しい気持ちで厄年を迎えられるでしょう。

規則正しい生活も良い習慣です。
健康的な食事や適度な運動は、体調を整え、心身ともに安定させます。

そして、新しいことに挑戦することで、自分の可能性を広げましょう。
新しい趣味やアクティビティを始めることで、楽しい時間を過ごせます。

この記事で紹介する方法を実践することで、あなたの厄年はポジティブな変化に満ちたものになるはずです。

厄年を充実した時期に変えるためのヒントが満載です。一緒に、素敵な厄年を迎えましょう!

まだ手帳を新調していない方は「芸能界最強の占い師」が送る、最強の開運手帳! がわかりやすいですよ!(楽天市場に飛びます)

目次

【男女共通】厄年にやるとよいおすすめの過ごし方

厄年に やると良いこと

厄年に最初におすすめするのは厄払いや厄除けを行うことです。

厄払いは災厄を払うために神社で行われ、厄除けはお寺で行われ、罪や穢れを清める儀式です。
これらの祈祷を受けることで、気分が晴れやかになることもあるでしょう。

また、厄年では心の切り替えをして自分自身を見つめなおす時期でもあるのです!!

部屋の整理整頓を行い、不要な物を手放すことで、心も整理されるはずです。
新しい物を買うよりも、不用品を処分し、必要な物だけを持つことが大切ですよ。

リラックスできる時間を持つことも重要です。

厄年は心が不安定になりがちな時期なので、朝日を浴びながらゆっくり朝食を摂ったり、
月を眺めながらリラックスする時間を持つことで、心を落ち着かせることができます。

掃除と整理整頓

厄年に気を付ける点として、掃除と整理整頓が挙げられます。

掃除をすることで汚れを落とし、厄を落とすと考えられています。

「断捨離」ですね。例えば、財布の中身のレシートやクーポン券、
パソコンの中の受信BOXなど普段整理しないところの断捨離。

わかりやすいところで言うと

特に玄関や窓、お風呂場やトイレは運気が入れ替わる場所なので、
きれいに掃除をしておくと良い運気が引き寄せられます。

整理整頓も厄を寄せつけない効果的な方法です。

部屋を整理整頓することで、悩みやストレスの原因も整理でき、気持ちがスッキリします。

規則正しい食生活も心掛け、身体を労りましょう。

縁起物と前向きな気持ち

厄年には縁起物を身につけることが良いとされています。

仏教では7つの福で7つの災いを防ぐと言われ、
七色の物を身につけることで厄を避けると信じられています。

また、厄年を前向きな気持ちで迎え、チャンスとして捉えることも大切です。

ネガティブな気持ちよりもポジティブに、厄年を乗り越える力を持ちましょう。

以上のポイントを心掛けることで、
男女共通で賢明に厄年を乗り越え、幸せな一年を迎えることができるでしょう。

厄年のおすすめの過ごし方【男性編】

厄年に入る男性は、慎重な生活態度が求められます。

一般的には謹んで過ごし、新しいことを始めることや、精神的な無精を改めて、
規則正しい生活を心がけることが基本的な厄年の過ごし方です。

健康を維持するためには、適度な運動と健康的な食事が不可欠です。

ただし、男性の厄年は25歳と42歳に分けられます。

厄年だからといって消極的にならず、前向きな姿勢で職場をまとめ上げたり、
新しい役職につくことも選択肢の一つです。

また、心の安定と平穏を保つためには、神社やお寺での厄除けや厄祓いを受けるのもおすすめです。

これによって不安を払拭し、前向きな気持ちで過ごすことができます。

新築や引っ越し、新しいことにチャレンジする

厄年には、新築や引っ越し、新しいことにチャレンジすることで厄を落とせるとされています。

お金を使うことや古くなったものを手放すことで、新しい気運を呼び込むことができます。

新しい家を建てることは特に良いとされ、大きな決断となりますが、厄年においては吉とされる選択です。

縁起物を身につける

さらに、縁起物を身につけることも良いです。

仏教では七つの福で七つの災いを防ぐとされ、
七色の物を身につけることが縁起を担ぐとされています。

身近な人々に厄を分け与える風習も厄年の男性にとっては大切な儀式です。

厄を洗い流すために、石けんや洗剤を配ることで、周囲の人々とのつながりを大切にすることができます。

男性の厄年では、厄除けや厄祓いを行いながら、健康に気を付け、
新しいことに積極的にチャレンジすることで、穏やかで成功に満ちた時期を迎えることができます。

自らの意志と前向きな姿勢が、良き厄年の過ごし方を支えます。

願望成就に威力を発揮する護符

開運・恋愛・商売など、自分の願いを一筆一筆丹精込めて直筆した護符が届くので、エネルギーがすごく強い!

個別に合わせて作られる「強力なお守り」があっても良いですね!

こちらから>>開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符<<

厄年のおすすめの過ごし方【女性編】

厄年に やると良いこと

厄年になると、一般的に結婚や引っ越し、起業などの大きな決断を避けるべきだとされています。

しかし、大きな行動をすることで厄が払われるという信じ方もあります。
心身の変化を受け入れ、身の回りのことや健康に気を遣いながら、丁寧な生活を心掛けましょう。

絶対に大きな選択をしてはいけないというわけではないので、気にしすぎず、前向きに過ごすことが大切です。

現代では、厄年であっても多くの女性が働きながら家庭を切り盛りしています。

厄年であることを気にしすぎて生活に支障をきたさないよう、健康面には特に注意が必要です。
女性は19歳の厄年から始まり、33歳、37歳の厄年の間
女性特有の成人病のリスクが大きく上昇することが知られています。

定期検診を受けることや、食生活に気をつけて適度な運動をするなど、健康維持に心を配りましょう。

新しいことはスタートしない

厄年には、新しいことを始めることを避けるべきです。

転職や引っ越しといった生活スタイルの大きな変化は、
精神的な負担を増やし、体に疲労を引き起こす可能性があります。

計画的なライフスタイル変更を行う場合は、厄が明けた後に行うようにしましょう。

今までの生活を大切にしながら、変化を取り入れる際には慎重に計画を練ることが重要です。

くよくよせず笑顔で過ごすようにする

厄年には、気持ちが沈みがちになりがちです。

しかし、運命や不運は厄年に限ったことではありません。

運命や幸運は日々の生活や考え方によっても左右されます。

厄年だからと悩むよりも、前向きな生活習慣を心掛け、
不安やストレスを溜めずに気分転換を図りましょう。

長期的な視野で物事を捉え、前向きな姿勢を持つことが、厄年を楽しく乗り越えるポイントとなります。

パワーストーンや誕生石のブレスレット(安心の日本製)

どんなに頑張ってもダメだったけど今歳は
「魅力手な女性になりたい!」「想いを引き寄せたい」「愛される力を高めたい」

そんな自分だけのピンクオパールやガーネットなど
「想われ石」で作った「愛されブレス」が人気でおしゃれでです。

厄除け・天然石 ・ 数秘・ 生年月日・ パワーストーン など自分だけのブレスレット

【男女別】厄年は何歳のとき?前厄・本厄・後厄・大厄それぞれで注意するポイント

厄年に やると良いこと

厄年は数え年で決まり、前厄・本厄・後厄の年があります。

厄年は古代中国から伝わった「陰陽道」が起源であり、日本独自の形に発展しました。

厄年にまつわる風習は時代とともに変化し、現代では参考程度とされています。

「前厄」は良いことを呼び込むための準備期間!人生の取捨選択を!

厄という言葉は災難や不幸を指し、厄年は大きな災難を避けるため慎重に過ごすべき年です。
厄年には本厄・前厄・後厄の3つがあり、

数え年で男性は25歳・42歳・61歳、
女性は19歳・33歳・37歳・61歳が厄年に該当します。

「本厄」は数え年

厄年は数え年で判断され、満年齢ではなく生まれた年を1歳として計算されます。

男性は25歳・42歳・61歳が本厄で、
女性は19歳・33歳・37歳・61歳が大厄に当たります。

「後厄」は行動の結果が出てくるのでいちばん気を付けて過ごすべき!

厄年の後の年を指し、厄が薄れていく時期です。
慎重に行動し、前後の年も注意を払うことが大切です。

「大厄」は人生の岐路となる重要な年!

大厄は女性が33歳、男性が42歳で訪れます。

この年齢には厄年の中でも特に災難が多いとされ、慎重な行動が求められます。

2024年(令和6年)の男性の厄年早見表(数え年で記入してます。)

前厄本厄後厄
2001年生まれ
(平成13年生まれ)
24歳(へび)
2000年生まれ
(平成12年生まれ)
25歳
(たつ)
1999年生まれ
(平成11年生まれ)
26歳(うさぎ)
1984年生まれ
(昭和59年生まれ)
41歳(ねずみ)
【大厄】
1983年生まれ
(昭和58年生まれ)
42歳(いのしし)
1982年生まれ
(昭和57年生まれ)
43歳(いぬ)
1965年生まれ
(昭和40年生まれ)
60歳(へび)
1964年生まれ
(昭和39年生まれ)
61歳(たつ)
1963年生まれ
(昭和38年生まれ)
62歳(うさぎ)

2024年(令和6年)の女性の厄年早見表

前厄本厄後厄
2007年生まれ
(平成19年生まれ)
18歳(いのしし)
2006年生まれ
(平成18年生まれ)
19歳(いぬ)
2005年生まれ
(平成17年生まれ)
20歳(とり)
1993年生まれ
(平成5年生まれ)
32歳(とり)
【大厄】
1992年生まれ
(平成4年生まれ)
33歳(さる)
1991年生まれ
(平成3年生まれ)
34歳(ひつじ)
1989年生まれ
(昭和64年/平成元年生まれ)
36歳(へび)
1988年生まれ
(昭和63年生まれ)
37歳(たつ)
1987年生まれ
(昭和62年生まれ)
38歳(うさぎ)
1965年生まれ
(昭和40年生まれ)
60歳(へび)
1964年生まれ
(昭和39年生まれ)
61歳(たつ)
1963年生まれ
(昭和38年生まれ)
62歳(うさぎ)

厄払いのやり方は?「厄除け」と 「厄落とし」とどう違うの?

厄年に やると良いこと

厄年とは、多くの人が気にする運勢や幸運に関する日本の風習です。

しかし、厄年には神仏に守られるという意味も込められています。
厄払いは、神社や寺院で行うことが一般的で、神様に守ってもらう儀式です。

また「厄除け」とは災いを祓うために神社でご祈祷を受けることです。

また「厄落とし」とは今の状況がさらに悪化しないように自分から厄を作り、それ以上悪いことが
起きらないようにすること。大事にしていたアクセサリーなどを落としてなくすことで
厄がなくなった(厄落とし)として考えらるのです。

以外と知らない!厄払いに行くタイミングとやり方

厄払いの方法は、あらかじめ神社や寺院でのお祓いや祈祷が一般的です。
(事前に連絡して日程を確認して予約する。)

満年齢ではなく「数え年」である事を忘れずに、自分の厄年となる誕生日の
1週間前までには参拝しましょう。

後追いでは意味がないようですので気をつけてくださいね。

タイミングは一般的には、お正月から立春までの間に行うのが望ましいとされていますが、
今は一年中いつでも行うことができます。

厄年が終わったら、厄年を乗り越えた感謝の気持ちを示すために、
お礼参りを行うことが良いとされています。

お礼参りは、神仏に感謝の気持ちを伝え、
厄年の一年間が無事に過ごせたことに感謝することです。

厄払いに行くときの服装と料金

基本的に神聖な場所でご祈祷しますので、神様に失礼のないようにフォーマルな服装で参拝します。

厄払いの料金は、基本的に5,000円〜10,000円くらいですが、
神社によって、金額によりお神酒やお守りなどの内容が変わることもあります。

なので厄払いの料金はWEBサイトや電話で確認しましょう。

厄除けは誰と行く?

誰かと一緒に行っても問題ないですが、
ご祈祷してもらうのは厄年である本人だけです。

また、ご祈祷後に厄年の人が友人や知人を招いて、
ごちそうを振る舞うことで、厄を落とすとされていますので

ご祈祷後はみんなにふるまってあげるのもよいでしょう。
(昔はおもちやお菓子を配っていたという風習もあり)

厄年や厄払いについての信仰心は個々に異なりますが、
正しい知識と方法を持って、安心して厄年を乗り越えることができるでしょう。

忙しくて厄除けに行く時間がない人はこちらも参考にしてみてくださいね。
>>開運の護符・霊符販売【開運】商品の決定版:手書き護符<<

【まとめ】厄年にやると良いこと

厄年には、厄払いや厄除けの儀式を行い、災厄を払うことがおすすめです。

心の整理整頓や不要な物の処分も大切。

リラックスできる時間を持ち、規則正しい食生活を心がけ、身体を労ることも重要です。
また、掃除や整理整頓で運気を引き寄せ、縁起物を身につけて前向きな気持ちで厄年を迎えましょう。

厄年の過ごし方ポイント

  • 厄払いや厄除けの儀式を行う
  • 部屋の整理整頓と不要品の処分
  • リラックスと規則正しい食生活を心がける
  • 掃除と整理整頓で運気をアップ
  • 縁起物を身につけて前向きに

これらのポイントを実践することで、厄年をポジティブに乗り越え、幸せな一年を迎えられますよ。

厄年の到来に備えて、心身の健康に気を配りながら、新たなチャレンジにも前向きに取り組んでみてください。

目次