「どんど焼き」の意味と目的は?燃やしてもいいものとお餅の正しい食べ方!

当ページのリンクには広告が含まれています。
どんど焼き いつ

日本の伝統行事である「どんど焼き」

この記事では、どんど焼きの意味と目的について詳しく探求します。

どんど焼きは、古くから行われてきた火祭りであり、
新たな年の始まりを祝い、厄や災いを払うために行われます。

さらに、どんど焼きには特別な意味があり、燃やしてもよいものやお餅の正しい食べ方についても解説します。

どんど焼きの伝統と意味について深く掘り下げ、この祭りの背景や意義をご紹介していきますね。

目次

どんど焼きとは?意味と由来&目的を解説

どんど焼き いつ

どんど焼きとは?」この伝統的な行事について、その意味や由来、そして目的について解説します。

どんど焼きは、お正月に飾った注連縄や松飾りなどを燃やし、年神様をお送りするお祭りです。

古くから行われてきたこの行事には、昔からの風習や信仰が息づいています。

この記事では、どんど焼きの由来や参加する際の注意点、
参加しない場合のお正月飾りの処分方法などを詳しく解説していきますね。

どんど焼きの祭りの魅力や意味について深く探究していきましょう。

どんど焼きの意味と目的

この行事の目的は、正月飾りやお守りを神社やお寺で焚き上げ、
年神様に感謝の気持ちを伝え、新しい年の幸せを祈願する大切な行事です。

火を使って焚き上げる正月飾りやお守りは、その煙に祈りを込め、無病息災や家内安全を願うものとなっています。

どんど焼きを行うことで、年神様を見送り、
新しい年に五穀豊穣、家内安全、無病息災を祈る儀式が執り行われます。

子どもたちも参加し、地域ごとに異なる呼び名で親しまれていますよ。

いつからいつまでやっている?

小正月の伝統行事である「どんど焼き」は、元々は1月15日に行われていましたが、
成人の日がハッピーマンデー制度により変更され、開催日も変動するようになりました。

この行事では、神社やお寺で正月飾りやお守りを焚き上げることが主体となっていますので
自治体やお近くの神社の案内を確認してくださいね。

どんど焼きで焼くお餅の食べ方?お餅以外の食べ物は?

どんど焼き いつ

どんど焼きという日本の伝統行事で、焼かれるお餅は多くの人々にとってなじみ深い存在です。

本記事では、どんど焼きで焼くお餅の食べ方や
お餅以外にも焼かれる食べ物や、地域によるさまざまな習慣についても紹介します。

伝統のあるこの行事の楽しみ方を知ることで、より一層どんど焼きを楽しむことができるでしょう。

どんど焼きで焼くお餅の食べ方

どんど焼きの時に焼かれる食べ物は、代表的なものとして「繭玉」と呼ばれる餅や団子が挙げられます。
これらは丸い形に整えられ、竹や木の棒に刺して焼かれるのが一般的です。

カラフルな3色団子もおすすめで、奇数の数を刺すと縁起が良い(割れない)とされています。

焼き方としては、竹や木の棒を使い、特に「ミズキ」の木の枝が縁起が良いとされています。

これらの焼き上げられたお餅や団子を通じて、無病息災、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛などの祈りが込められます。

餅や団子以外の食べ物

お餅や団子以外でおすすめの焼き物には次のようなものがあります。

  • スルメイカ: 柔らかくなって食べやすい。
  • 昆布: さっとあぶる程度に焼いて食べる。
  • マシュマロ: 甘くてとろーっとした食感が楽しめる。子供むけのおやつ。
  • さつまいも: やきいものような感覚で食べられる。
  • パン: バターロールやクロワッサン系がおすすめ。

これらの食べ物もどんど焼きの時に楽しまれ、特昆布やスルメイカは無病息災でいられるとされています。

どんど焼きでは何を焼く?燃やしていいものとNGのもの

どんど焼き いつ

どんど焼きとは、お正月の風物詩であり、縁起物を焼く行事です。

しかし、どんど焼きで焼いてはいけないものも存在します。

本記事では、どんど焼きで燃やしていいものとNGのものについて詳しく探求しますよ。

おみくじやお正月飾りなどの縁起物はもちろん、お札や破魔矢なども焼いていいものとされています。

一方で、ダイオキシンを発生させる可能性のあるもの縁起ものとは無関係の家のゴミなどは焼くべきではありません。

正しいどんど焼きのマナーや燃やしていいものといけないものについて、詳しく解説していきます。

燃やしていいもの

どんど焼きで燃やすものには、
しめ縄飾りや門松、正月飾り、昨年のお守りや御札、書き初め、だるまなどが挙げられます。

どんど焼きを行う地域は減少していますが、伝統を残すために簡略化して行う地域や、
復活を目指す自治体も見受けられます。自身の地域でのどんど焼きの実施状況を確認し、
参加する際には主催者の指示に従うことが重要です。

NGのもの

どんど焼きで燃やしてはいけないものには
有害物質の発生が懸念されるものや神様に関連しないものが含まれます。

具体的にはぬいぐるみ、雛人形、年賀状、年賀にもらった品物、写真、カレンダー、仏関係のものなどがあります。

これらのアイテムは神社での受け付けが難しく、一般的にどんど焼きの対象外とされています。

環境への配慮からビニールやプラスチック、針金などが使われている場合は、事前に取り除くよう心がけましょう。

どんど焼きの呼び方は地域によって呼び方がちがう!名前の由来は?

どんど焼き いつ

日本の伝統行事である「どんど焼き」は、地域によって呼び方が異なることが知られています。

その名前の由来や意味、具体的に何をするのかなど、詳しく知っている方はなかなか少ないかもしれません。

この記事では、どんど焼きの地域ごとの呼び方の違いと、その名前の由来について探求していきます。

伝統行事に少しでも興味がある方、または豆知識として知っておきたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

どんど焼きの別名

どんど焼きは一般的な呼び名ですが、地域によって様々な別名が存在します。

これはどんど焼きが庶民の間で愛され、各地に根付いた人気の伝統行事であることを示しています。
代表的な別名を紹介しましょう。

  • とんど焼き:関西
  • どんどや:九州の一部
  • とうどうさん:愛媛県の一部
  • とんどさん:鳥取県の一部
  • どんどん焼き:山梨県の一部
  • さいと焼き:神奈川県の一部
  • あわんとり:千葉県の一部
  • しんめいさん:広島県の一部
  • かあがり:長野県の一部
  • やははいろ:東北の一部

これらの呼び名には「ど」「と」が多く含まれており、
どんど焼きがどんどん燃える様子から名付けられたとされています。

どんど焼きの名前の由来とは?

「どんど焼き」の名前には独特な響きがあり、その由来にはいくつかの説があります。

一つは、火を燃やす時に「尊と(とうと)尊と(とうと)」とはやし立てていたのがなまり、
後に「どんど焼き」となったという説です。もう一つは、「どんどん」燃える様子から名前が付いたという説です。

さらに、どんど焼きの名称は全国的に広く使用されていますが、
地域によって微妙に異なる呼び名があります。

例えば、関西や北陸地方では「どんと」、東北地方では「どんど」と呼ばれる傾向が見られます。

また、長野県や山梨県では「道祖神祭」とも呼ばれ、野沢温泉で行われるこの祭りは国の重要無形文化財に指定されています。

【まとめ】どんど焼きの意味と目的は?燃やしてもいいものとお餅の正しい食べ方!

まとめとして、どんど焼きの意味と目的について解説しました。

また、どんど焼きで焼くお餅の食べ方や、燃やしていいものとNGのものについても触れました。

さらに、どんど焼きの呼び方の地域差や名前の由来についてもお伝えしました。

どんど焼きは、お正月の行事であり、年神様をお送りするために注連縄や松飾りなどを燃やすお祭りです。

神事の一環として始まったこの行事は、
家々から持ち寄ったお正月飾りを一か所に積み上げて燃やすことで、新たな年の始まりを迎える意味があります。

また、どんど焼きで焼かれるお餅の食べ方についてもお伝えしました。

お餅は燃える性質があり、安全に食べるためには十分に火を通すことが重要です。

また、燃やしてはいけないものとして、ぬいぐるみや人形などは挙げられます。

これらは神様にまつわるものとして扱われるため、燃やすことは避けるべきです。

さらに、地域によって呼び方が異なることや、名前の由来についても触れました。

どんど焼きの呼び方は地域や風習によって様々であり、それぞれに独自の意味や由来があります。

どんど焼きは、お正月の重要な行事であり、年神様への感謝や新たな年の始まりを祝う意味があります。

参加する際には、安全に注意しながら行うことが大切です。

また、参加しない場合には、お正月飾りの処分方法にも気を配る必要があります。

どんど焼きの意味と目的、燃やしていいものとNGのもの、
お餅の正しい食べ方、呼び方の地域差や名前の由来について詳しく解説しました。

これらの情報を参考にして、どんど焼きについてより深く理解し、安全に参加することができるでしょう。

目次