お茶(緑茶)は何歳から飲んでいい?ペットボトルのお茶は問題ない?

当ページのリンクには広告が含まれています。
japanese-tea-age.jpg

毎日飲むと身体に良いと言われるお茶(緑茶)。
小さい子どもは何歳から飲んでもよいのでしょうか?

また外出時などジュース以外の飲み物を買うとき、
ペットボトルのお茶(緑茶)でも問題ないのか?なども気になりますよね。

調べてみると、1歳すぎたら…、2歳から…など様々な意見がありますが
結論としてお茶(緑茶)は4歳からをお勧めします。
(もちろん年齢により適量があります。)

なぜかと言うと、お茶に含まれるカフェイン
発育に影響を与える可能性があるからなのですね。

この記事前半では、大人が飲んでいるお茶でも子どもは大丈夫なのか、
後半ではカフェインなどが子どもに与える影響、その他お茶の種類別の成分について解説するので、
じっくり読みこんでくださいね。

目次

お茶(緑茶)は何歳から飲んでもよい?

japanese-tea-age.jpg

お茶(緑茶)を飲んでもよいかダメかの基準は、
お茶(緑茶)に含まれているカフェインの量で判断できます。

日本ではカフェインを「生後何か月までは摂取してはいけません」というルールはありません
そのせいか、1歳からでもOK、2歳からじゃないとダメなど、様々な意見があり、困ってしまいます。

私個人的には3歳までは控えた方がよいという見解です。

なぜなら、厚生労働省のホームページに記載されている基準(カナダ保健省)では
カフェイン摂取について
4~6歳は 45mg(緑茶200mlくらい)
7~9歳は 62.5mg
10~12歳は 85mg
 とされているからです。(参照元:厚生労働省

つまり0歳~3歳は基準が書かれていないのですね。
(書かれていないということは推奨していないということかと。)

なので、カフェインが入ったお茶を子どもに与える場合は4歳~をおススメします
ノンカフェインならほぼカフェインは入っていないレベルなので大丈夫でしょう。)

子ども用のお茶を買う?大人用のお茶を薄める?

ベイビーは食事はミルクがメインなので、特に水分補給を考える必要はなかったのですが、
離乳食が始まったら何かしらの水分補給が必要になるときがきます。

その際はカフェインが含まれていない麦茶を選んであげましょう。
麦茶ですと薄める必要もありませんし、大人も飲むことができますよ。

赤ちゃん用の麦茶がいろんなところで売っていますが、わざわざ子ども用を買わなくても
大人が飲む麦茶でも問題ないでしょう。

もともとカフェインも入っておらず、基本的には大人用の麦茶と比較しても
成分は同じで、味の濃さが違うだけです。

ペットボトル(市販)のお茶は問題ない?見るべきポイントはココ!

japanese-tea-age.jpg

市販のペットボトルのお茶の商品の選び方

外出時などコンビニやスーパーでは安心して与えられ、カフェインを含まない飲み物を選びましょう!

購入時に見るべきポイントは原料です!!

木(お茶の木)の葉っぱからつくられる一般的なお茶はすべてカフェインが入ってきます。
(最近ではカフェインゼロの緑茶もでていますね。)

なので、穀物(大麦)を原料にしているお茶

  • 麦茶
  • コーン茶
  • 黒豆茶
  • ルイボスティー(マメ科)

がカフェインが入っておらずおススメです。
味の好みはいろいろなので、試してみると面白いですよ。
(以外にも我が家の娘はルイボスティーにはまりました。)

よく見る商品名で言うと「十六茶」や「爽健美茶」が有名ですね。
(購入時は商品にカフェインゼロと記載されているのを確認してくださいね!)

あとは、硬度の高くない「軟水」のミネラルウォーターがよいですよ。
(海外ブランドものは硬水が多いです。)


お茶のカフェインは子どものカラダに影響ある?

japanese-tea-age.jpg

お茶(緑茶)を飲ませる際に注意が必要なのが、「カフェイン」です。
緑茶の他にも、コーヒーや紅茶、ココアなどにも含まれていることで有名ですね。

特に子どもがカフェインを過剰に摂取すると、

  • めまい
  • 震え
  • 心拍数の増加
  • 不眠 など

の症状がでて危険なので、
飲みかけのコーヒーや緑茶など手の届かないところに置きましょう。

お茶(緑茶)を間違えて飲んでしまったら?

目を離したすきに、子どもが緑茶やコーヒーなどカフェインが含まれた飲み物を
大量に飲んでしまったら、カフェインの過剰摂取になります。

個人差にもよりますが、顔色が悪くなったり、吐いたり、
震えや下痢をした場合などのいつもと違う症状がでたら、すぐに病院で診てもらいましょう

どれくらいの量のお茶なら飲んでも大丈夫?

では、4歳以降でどれくらいの量なら飲んでもよいのかカフェインの量を基準に見ていきましょう。

カフェイン量
(100mlあたり)
緑茶(煎茶)20mg
ほうじ茶20mg
ウーロン茶20mg
玄米茶10mg
麦茶0mg
玉露160mg
紅茶30mg
コーヒー60mg
ココア10mg
コーラ9.6mg

1日のカフェインの摂取量目安が
4~6歳は45mgなので、緑茶の場合200mlくらいでしょうか。

それを薄めて飲めば量は増えますが、味が薄くなっちゃいそうですね。

コーラはカフェインが少ないように見えますが、糖分の方が気になります

夏場やスポーツの後にゴクゴク飲むのでいうと、やはり麦茶か水がベストですね。

あくまでも基準値をもとに計算しているので、個人差があります。子どもが少し飲んでみて合わないようでしたら、すぐやめましょう。

【まとめ】お茶(緑茶)は何歳から飲んでいい?ペットボトルのお茶は?

この記事ではお茶(緑茶)は何歳から飲める?ペットボトルのお茶は?
という疑問にたいして解説をしてきました。

  • カフェイン入りのお茶は4歳~がおすすめ
  • ペットボトルのお茶は原料を確認しましょう
  • 麦茶なら子どもから大人まで安心して飲みますよ

という内容でしたね。

また、お茶だけでなく、コーヒーやココア、紅茶にも同じようなことが
当てはまりますので覚えていおいて損はないですよ。

外出時、帰省時などは気に留めておいてくださいね!

目次