三井住友カード『お支払い日のご案内』件名は詐欺メール?要アドレス確認!

当ページのリンクには広告が含まれています。
三井住友カード 詐欺メール

三井住友カードから送られてきたかの様な「お支払い日のご案内」という件名のメールは、

三井住友カードを装った詐欺メールです。

クリックを求める内容ですが、くれぐれもクリックしないように気を付けてください。

「入出金規制」「不正利用」など不安をあおるようなメールや、文中のボタンやリンク先へログインを
誘導するようなメッセージが急増していますので、必ず疑ってかかりましょう。

この記事では「三井住友カード『お支払い日のご案内』」というメールの怪しいポイントを紹介していきます。

プロパティやサーバー先などから、いろんなやり方で、不審メールを暴くやり方がありますが、
あくまでも個人レベルのPCや携帯の受信箱に受け取ったメールに対する簡単に判断できる基準です。

この記事でみなさんが慌てないで、少しでも不安がなくなれば幸いです。

目次

三井住友カード『お支払い日のご案内』のメールを怪しむ3つのポイント

①宛名が個人宛(わたし)じゃない

三井住友カード 詐欺メール

メールをよく見てみると、個人へ向けた宛名がありません。

本当に振り込みやATMの利用を停止や取引制限をするような大事な案内であれば、
あなたが「誰」なのか知ったうえで連絡してくるはずです。

ところが、メールの中身は私の名前ではなく、メールアドレスで書かれているのですよね。

詐欺メールの送り主はあなたのメールアドレスしか知らないので、宛名を書くことができないのです。

そのため、当然ですが、メールアドレスで書くしかないのですね。

②差出人のメールアドレスのドメイン(@マークの後ろ)が怪しい

差出人をクリックしてメールアドレスのドメインを確認すると

「@service.hefapeizi.cn」となっています。

正式な三井住友カードからのメールは

三井住友カード 詐欺メール

というドメインから発信すると公式サイトで案内されてるのです。
(引用:公式ページ)

また差出人は「三井住友カード」なっていますが、差出人の名前は送信者が自由に変えられるので
差出人だけ見て、慌てないようにしましょうね。

公式のメールアドレスから詐欺メールが送信された事例があるそうです。
ほかのポイントもあわせて、メールが信頼できるものなのか判断してくださいね。

③メールに記載されているURLとリンク先が違う

三井住友カードのURLには「~~~.ne.jp」などが含まれているはずなのに
今回のメールにあるURL、リンク先のURLに「~~~.co.jp」が含まれていないのです。

PCでメールを開いて、カーソルを(矢印)をURLに重ねると、
画面の左下にリンク先のURLが表示されるのですが

この表示されたリンク先と本文に書かれているURLが違うのです!
つまりリンク先が違うのです!怪しすぎますよね!

三井住友カード 詐欺メール

URLをクリックしなくても、確認できるので試してみてくださいね。

三井住友カード 詐欺メール

試しにほかのクリックできる場所にもカーソルを当ててみると…。

公式ページに見せているかのようなリンク先になっていました!怪しいです!

メールの文中のURLはクリックせず、アプリなどのマイページから確認してみよう!

メールをクリックせずに、三井住友カードのアプリなどから
マイページへログインして状況を確認しましょう。

PCから確認する場合は、いつも使っているブラウザの
信頼できるサイトからログインしてくださいね。

本当にあなたの三井住友カードのアカウントに不正ログインや請求があったなら、
マイページに同じ内容のメッセージが届いているはずですよ。

または、メールの本文にあるように本当にアカウントが
ブロックされているのかを確認してください。

詐欺メールを見ても、慌てないでくださいね!

実際に個人情報を入力してしまったらどうしたらいい?

すでに誤ってカード情報や住所、名前、電話番号を入力してしまった場合は
まずはカード会社に連絡しましょう!

カード会社に連絡することで、対応してくれます。

ただ、注意点がひとつあります。

クレジットカードの裏面にサインがないと不正利用されても補償されない場合があるので
必ず事前に署名しておきましょう!

正直なところ、住所や名前、電話番号を入力してしまった場合は
あなたにできることはないのがツライところですね。

個人情報がもれたことで、新たな迷惑メールや不審な電話に気を付けるくらいでしょうか。
とはいえ、何も起こらないこともありますから、何とも言えませんが。

なので、クレジットカードの利用を停止することは、今できる数少ない手段です。

また、同じパスワードを使いまわしている人がいまだに結構いるのできを付けてくださいね。

迷惑メールの主な目的はクレジットカード情報を入手することですので、
万が一パスワードがひとつ漏れてしまったら他のサイトまで影響が広がります。

とはいえ、毎回サイトごとにパスワードを変えて覚えるのは大変ですし、めんどくさいですよね。
でも今後、覚えるパスワードは「1つ」だけだったらすごくラクだと思いませんか?

もうこれからはパスワードを忘れたり、管理しなくてもよくなる、
世界で愛されているセキュリティーソフトがあるんです!

しかも一人用のほかに、家族用のプランも。
遠く離れた両親のセキュリティーや忘れがちなパスワードも

これひとつで解決できるのでオススメですよ!
>>世界で1500万人以上が愛用するパスワード管理サービス(ソースネクスト)はこちら<<

「三井住友カード」(迷惑メールの件名)の実際の本文

実際のメールの文章をこちらに貼っておきます。

ロゴも文章も本物と区別できないくらい似てますが、慌てないようにしてくださいね。

三井住友カードからの「お支払日についてのご案内」のメールは詐欺?【まとめ】

三井住友カードからの「お支払日についてのご案内」は詐欺メール?についてまとめてきました。

詐欺メールを疑うポイントは

  1. 宛名が個人宛じゃない
  2. 差出人のメールアドレスのドメインがあやしい
  3. メールに記載されているURLのリンク先がおかしい

でしたね。

「利用した記憶ない。」という場合はすぐに迷惑メールと気づきますが、
たまに、「あれ?以前、利用した気もするけど、どうだったかな?」と記憶があいまいなときもありますよね。

どうしても心配になったら、直接問い合わせましょう!
これが一番確実です。

自分に限ってそんなことはない!と思ってメールをクリックしないようにしてくださいね!
過信は禁物ですよ!

三井住友カード以外にも、よくある注意すべき詐欺・迷惑メール

「イオンカードのセキュリティリスク」を装った件名

イオンカード利用者にとって、セキュリティリスクは重要な懸念事項です。

イオンカードは多くの人々に利用されており、その広がりと便利さにより、
クレジットカード詐欺の標的となりやすくなっています。

この記事では、「イオンカードのセキュリティリスク:注意すべきポイント」について、より詳しく解説していきます。

詐欺メールや情報漏えいのリスク、セキュリティ対策の方法など、
日常のカード利用に気をつけるべきポイントをまとめています。

イオンカードを使用している方々はもちろん、
クレジットカードのセキュリティに関心を持つ全ての方にとって、貴重な情報となるはずです。

関連ページ:「イオンカードのセキュリティリスク:注意すべきポイント」件名は詐欺メール!

えきねっと「会員情報変更および退会に関するお知らせ」を装った件名

最近、インターネット上で「えきねっと『【重要】会員情報変更および退会に関するお知らせ』」
という件名のメールが出回っていると報告が相次いでいます。

このメールには会員情報の更新や退会手続きに関する重要な内容が含まれているとされていますが、
一部で詐欺メールの可能性が指摘されています。

この記事では、この件について詳しく調査し、実際に詐欺メールなのかどうかを明らかにします。

また、詐欺メールに注意するためのポイントや対処方法についても解説します。
安全なネット利用のために、この記事を参考にしていただければ幸いです。

関連ページ:えきねっと『【重要】会員情報変更および退会に関するお知らせ』件名は詐欺メール?

「Amazonプライム会費変更のお知らせ」を装った件名

皆さんが普段から利用されているAmazonから
「【重要】プライム会費変更のお知らせ」というメールが届いたことはありませんか?

しかし、この度判明した事実は、そのメールが詐欺や迷惑メールである可能性があるということです。

そのメールに書かれた内容には注意が必要です。

本記事では、この問題について詳しく解説し、皆さんが正しい行動を取ることで
安全かつ安心してインターネットを利用できるようにお手伝いします。

インターネット上での詐欺は日々巧妙化しており、
私たちもリスクを最小限に抑えるための知識と対策を持つ必要があります。

是非、この記事を参考にして、お客様の安全を守ってください。

関連ページ:Amazon『【重要】プライム会費変更のお知らせ』件名のメールは詐欺、迷惑メール

目次