親へのお年玉は相場はいくら?今さら聞けない失礼のない表書きの書き方!あげている人の割合は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
親に お年玉 相場

親へのお年玉は、感謝の気持ちを表すだけでなく、家族の絆を深める素敵なイベントです。

この記事では、「お年玉を親にあげる」に焦点を当て、
相場やマナーの疑問に寄り添いながら、具体的な解決策を提案します。

金額の相場は年代や地域によって異なるので、
家庭事情や親子の関係性を考慮し、適切な金額を選ぶことが重要です。

さらに、お年玉を贈る際のマナーや正しい方法も知りたいですよね。

贈るタイミングや表書きの注意点など、気をつけるべきポイントを細かく解説します。

これにより、親に贈るお年玉がより意味深いものとなり、感謝の気持ちがしっかりと伝わるようになりますよ。

この記事を読むことで、「お年玉を親にあげる」に関する不安や悩みを解消し、
素敵な家族の瞬間を迎える手助けとなることでしょう。

親子の絆を深め、新年を温かく迎えるためのヒントがここに詰まっていますので是非参考にしてくださいね。

玄関におしゃれしめ飾り

マンションの玄関にもちょうどよいおしゃれなしめ飾りが流行ってますね。

まだ用意していないなら、こちらの楽天市場からどうぞ(楽天1位おしゃれしめ飾り)。

今年は縁起の良い玄関から始めましょう!!


目次

親へのお年玉の相場や適切な金額の目安

親に お年玉 相場

お正月になると、子どもたちが喜ぶお年玉の季節がやってきます。

しかし、実は親にお年玉を贈る方もいるのをご存知でしょうか?
親へのお年玉は、日頃の感謝の気持ちを伝える一つの手段として選ばれることがあります。

孫がいる場合は、孫から手渡しで渡すと喜ばれますよね!

そこで、まずはお年玉の相場について見てみましょう。

お年玉の相場について

親へのお年玉の相場は、一般的には年齢や家庭の事情、地域によって異なることがあります。

ただし、お年玉は基本的には目上の者が目下の者に贈るものであるため、
親にお年玉を贈る場合は、相場よりも個人的な関係や家庭の事情を重視することが重要です。

なので、一般的な目安としては、親へのお年玉は数千円から数万円が一般的とされています。

しかし、それ以上の金額を贈る場合もあれば、
少ない金額でも気持ちが込められていれば十分に喜ばれることもあります。

親子の関係や家庭の事情に合わせて、適切な金額を考えてみましょう。

年代別にみた親へのお年玉の相場

  • 20代: 5,000円~10,000円
  • 30代: 10,000円~20,000円
  • 40代~60代: 20,000円~30,000円以上

これはあくまでも一般的な目安であり、個人の関係や家庭の事情によって変動することを忘れないようにしましょう。

ちなみに私の家庭の場合、結婚してから(当時30代)は1万、
こどもができてからは5000円をあげています。

こどもができたら何かと出費が多いので半分にしましたよ。

親にお年玉を贈る際のマナーと正しい方法

親に お年玉 相場

新年を迎えるにあたり、子供たちにとってはお年玉をもらう楽しみな時期です。

しかし、「親しき中にも礼儀あり」ではないですが、
親にお年玉を贈る際にも最低限のマナーを守った上で気持ちよく渡しましょう。

この記事では、親にお年玉を贈る際のマナーと正しい方法について詳しくご紹介します。

親孝行の一環として感謝の気持ちを込めて贈るお年玉ですが、
ぽち袋の書き方や、贈るタイミングなど、慣習や地域によって異なるポイントがあります。

お子さんの年齢や家庭の状況にもよりますので、これからお年玉を贈る方はぜひ参考にしてください。

親にお年玉を贈る際のマナーとポイント

親にお年玉を贈る際には以下のマナーとポイントに留意しましょう。

  1. 金額の考慮

親にお年玉を贈る際の金額は、個人の経済状況や関係性などを考慮する必要がありますが
一般的には、自身の収入に見合った金額を選ぶことが望ましいです。

また、兄弟姉妹がいる場合は平等に配慮することも大切です。

  1. 包み方

お年玉はぽち袋に包むのが一般的です。

ぽち袋は市販のものを使うか、手作りすることもできます。
包装紙や袋の色には、新年の縁起や親孝行の気持ちを表現する意味がありますので、
赤色や金色を選ぶのが一般的です。

  1. 贈るタイミング

お年玉は、年末年始の帰省など親と一緒に過ごす機会に贈るのが一般的です。

年始の挨拶や正月飾りを一緒に飾る際に贈ると良いでしょう。

親が仕事で忙しい場合や、地理的な距離がある場合には、郵送することも一つの方法です。
また、お正月以外でも、親の誕生日や記念日に合わせて贈ると喜ばれるでしょう。

親へのお年玉の贈り方とぽち袋の書き方/失礼のない表書きの書き方のマナー

親へのお年玉を贈る際には、ぽち袋の表書きにも注意が必要です。
お札は表(肖像がかかれている面)を内側にし、三つ折りにしてぽち袋に入れましょう。

  1. 表書きの内容

ぽち袋の表面の左上には「お年賀」「親への感謝の気持ち」などと書きましょう。

また、自身の名前は裏面の左下に書き、メッセージも添えることで、より親しみやすくなります。

  1. 筆文字の使い方

ぽち袋の表書きは、丁寧な筆文字を使用することが一般的です。

正しい筆順やバランスを考慮し、美しい文字で表現しましょう。

慣れていない場合は、練習を重ねることで上達します。

せっかくなので、鉛筆とかボールペンじゃなくて筆ペンなどで
書いて、少し特別感を出してみましょう!

  1. 失礼のない表書きの書き方

ぽち袋の表書きは、上から下へと書くのが一般的です。

文字は中央に対して左寄りに書くことが美しいとされています。

親にお年玉をあげる人の割合は?お年玉みんなどうしてるの?

親に お年玉 相場

最近ではお年玉をあげる習慣に関しても変化が生じつつあります。

少子化に伴い、お年玉をあげる子供や親せきが少なくなってきている背景があるのです。

この記事では、親にお年玉をあげる人の割合や、親だけでなく全体的なデータも見てみいきましょう。

お年玉をあげる人:72%
この約7割の人は誰にあげる?:甥・姪が60%・親戚が約30%、親が6%、祖父母1.4%

となっています。
参考資料:PRTIMES

ちなみ私の家庭では親戚も多く、祖父母にもお年玉をあげている風習があります。

各家庭で全然慣習が異なりますよね。

親にお年玉をあげるのは失礼?正しい?お年玉を贈ることへの疑問について

親に お年玉 相場

一方で親にお年玉をあげるのは失礼という意見もあります。

  • 親のことを目下の者として見ているように感じる
  • 親のプライドを傷つけてしまう
  • お年玉として現金をあげるよりも、父の日や母の日にプレゼントなどをあげた方がいいと思う

など様々な意見があります。

あげるあげないなど、細かいルールはあるかもしれませんが、
お年玉は感謝やお祝いの気持ちを伝える大切な習慣であり、

それぞれの家庭や地域、世代によって異なる意味合いを持っています。

なので、今までの親戚間ではどういう習わしだったのか、
今まで自分がこどものときはどうだったのか思い出してみましょう。

いろんな意見はありますが、自分が親に対して新年から感謝を伝えたいのであれば
「お年賀」としてお年玉を渡したらよいのではと、私は考えてます。

したがって、お年玉の贈与については、家庭や人々の状況に応じて判断してみてくださいね。

【まとめ】親へのお年玉の相場とは?適切な金額はいくら?表書きの書き方のマナーとは?

本記事では、親へのお年玉についての相場や適切な金額の目安、お年玉を贈る際のマナーと正しい方法、
親にお年玉をあげる人の割合や、お年玉を贈ることへの疑問についてご紹介しました。

まず、親へのお年玉の相場や適切な金額についてですが、一つの決まりはありません。

お年玉の金額は個人の経済状況や関係性によって異なるため、相手のことを考慮しながら適切な金額を選ぶことが重要です。

また、お年玉を贈る際には、失礼のない表書きの書き方や贈るタイミングなど、マナーを守ることも大切です。

親にお年玉をあげる人の割合やあげ始める時期については、個人の状況や家庭の習慣によって異なります。

一般的には、社会人になってから親へのお年玉を贈ることが増える傾向にありますが、
それぞれの家庭の事情や状況に合わせて判断することが大切です。

最後に、親にお年玉をあげることへの疑問についてですが、
お年玉は日本の文化の一環であり、失礼ではありません。

むしろ、感謝の気持ちや親孝行の一環として贈ることが多いです。

ただし、相手の状況や感じ方を考慮し、適切な形でお年玉を贈ることが大切です。

親へのお年玉は、相手のことを考えた適切な金額やマナー、状況に合わせた贈り方が重要です。

お年玉は感謝の気持ちや親孝行の一環として贈ることができる素晴らしい機会ですので、慎重に選び、心を込めて贈りましょう。

目次