私立高校「専願」は落ちないってホント?もし落ちたら?落ちる確率とほぼ受かる理由とは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
私立高校受験 専願 落ちる確率

「私立高校専願は落ちない」という言葉をよく耳にしますが、果たして本当なのでしょうか?

行きたい学校に専願で受けるという立派な理由があればよいですが、
わが子の場合、行けるところがないから少しでも合格率を上げるために
専願にしたようなものです。

なので、私立高校専願では他の高校を受験することができず、
一つの志望校に全てを注ぐことになります。

専願で出願した場合、合格確率は高くなると言われていますが
正しくは、確実に合格できるわけではありません。

万が一、私立高校専願で不合格になってしまった場合、
その後の進路にはどのような選択肢があるのでしょうか?

本記事では、私立高校専願の合否についての真実と、
もしも不合格になった場合の進路について考察していきますね。

もし離れている学校に、前乗りで受験しにいくなら早めにホテルの予約しておきましょう!
このシーズンはビジネスホテルをすぐに埋まってしまいますよ!
>>楽天トラベルから予約する<<

目次

私立高校専願はほぼ落ちないってホント?

私立高校受験 専願 落ちる確率

私立高校専願は、受験生にとってとても重要なイベントですね。

みんな、気になっていることがあると思います。
私立高校専願は落ちないってホント?」という疑問にお答えします。

まず、落ちる確率についてです。

正直に言いますと、合格率は90%以上が平均ですが、100%ではありません。
もちろん、自分の学力に合わせた学校を選択した前提ですが。

また、合格したとしても、合格後何か問題を起こせば合格取り消しになることもあるでしょう。

では、私立高校の入学試験で専願受験をすると、
合格できる確率が高いと言われていますが、本当なのでしょうか?

本記事では、私立高校専願受験の現実と課題について考察していきます。

私立専願受験で合格できなかった場合の選択肢や、他の受験方法との比較なども検討しながら、
私立高校受験の現場での実態を探っていきます。

私立高校専願の落ちる確率はどれくらい?驚きの数字とは?

私立高校受験 専願 落ちる確率

合格率は、学校やコースによって大きく異なります。

もちろん難関校の合格率は、専願でも当然低いです。

一方、普通校の合格率は、全国平均よりも高く
また、推薦入試の場合は、一般入試よりも高くなる傾向にあります。

過去データで見てみましょう。

2022年の私立高校を専願で受験した人の合格率

  • 全国平均: 93.8%
  • 都道府県別: 最高は沖縄県99.9%、最低は東京都88.6%
  • 学科別: 最高は普通科94.2%、最低は音楽科75.0%
  • 性別別: 男子93.4%女子94.2%

2021年の私立高校を専願で受験した人の合格率

  • 全国平均: 92.7%
  • 都道府県別: 最高は沖縄県99.8%、最低は東京都87.2%
  • 学科別: 最高は普通科93.1%、最低は音楽科73.3%
  • 性別別: 男子92.3%女子93.1%

2020年の私立高校を専願で受験した人の合格率

  • 全国平均: 91.9%
  • 都道府県別: 最高は沖縄県99.7%、最低は東京都86.1%
  • 学科別: 最高は普通科92.3%、最低は音楽科71.4%
  • 性別別: 男子91.5%女子92.3%

引用元:株式会社育伸社の「2023年度 国立高校・高専・私立高校 入試結果」

私立高校専願生のための対策!落ちる理由と克服法!

私立高校受験 専願 落ちる確率

私立高校専願はほぼ落ちないというのは、ある意味で本当です。

しかし合格率は高い傾向にあるが、100%ではありません。

なので、問題を起こしたり、入学すると学校側に不利益があると見られたら
当然落ちることもあります。

また、合格率が高いからといって気を抜くと、
周りの受験する人たちは力をつけてくるので危険ですよ。

私立高校専願で落ちる人の特徴とは?不合格者の共通点!

私立高校受験 専願 落ちる確率

まず、落ちる人の中には、適切な計画や戦略の欠如が見られます。
つまり、準備不足です。

試験までのスケジュールを立てず、時間の使い方がうまくない
適切な勉強法や対策を知らないまま試験に挑むことは、
合格への近道ではありません。

計画的な学習と効果的な対策を身につけることが重要です。

また、自己評価が過度に低い人も落ちる傾向にあります。

自分の能力や可能性を過小評価し、自信を持てない状態では、
試験で最善を尽くすことが難しくなります。

自己評価を客観的に見つめ、自信を持って臨むことが成功への第一歩です。

さらに、適切なサポートや指導を受けられない人も多く見られます。
友人や家族からの助言やサポートは非常に大切です。

また、学校の先生や専門家からの指導を受けることで、
自分の弱点を克服し、試験に臨む準備をすることができます。

最後に、焦りや緊張や不安に押し潰されることも、落ちる人の特徴として挙げられます。

試験当日までの時間を冷静に使い、焦らずに着実に準備を進めることが大切です。
不安を和らげる方法を見つけ、冷静な状態で試験に臨むことが、合格への近道です。

これらの特徴を避け、計画的な学習、自己評価の向上、適切なサポートの活用、
冷静な状態での試験対策を心がければ、私立高校専願試験での成功への可能性は高まります。

自分自身を信じ、努力を惜しまず取り組んでください。

成功がきっと待っています。頑張ってください!

受験間近に慌てないために

受験しにいく学校が遠い場所なら早めにホテルの予約しておきましょう!
このシーズンはすぐに予約が埋まってしまいますので、受験間近になって慌てないためにも

早めに予約しておくことをおすすめしますよ。

もし、受験後息抜きできる時間があれば、「おつかれさま」の意味もこめて
帰りの道中でどこか観光できるプランを組み入れてあげるのもいいかもしれませんね。

>>楽天トラベルで見てみる<<

もし私立専願が落ちた時の対処法

私立高校受験 専願 落ちる確率

私立専願はよほどのことがない限り、
不合格はないはずですが、100%ではありません。

例えば試験当日に欠席をしたり、カンニングしたり、
または合格最低点よりもよっぽど低い点数を取らない限りは合格します。
(たまに名前だけ書いて合格した!とか言う人いますが、本当かな?)

万が一、落ちてしまった場合は私立の「1.5次入試」や、公立高校を受験することも可能です。
その分、対策をあらかじめしていないのでかなりバタバタなスケジュールになりることは覚悟しておきましょう。

もし不合格になった場合は基本、学校の先生との相談により進めますが、
入試結果が出た1~2日くらいに中学高等学校連合会HPで
詳しい募集内容も記載されますので合わせて確認してみましょう。

京都府の場合>>京都府私立中学校高等学校連合会
大阪府の場合>>大阪私立中学校高等学校連合会
兵庫県の場合>>兵庫県私立中学校高等学校連合会

私立専願はずるい?ほぼ受かる理由の秘密!

私立専願が受かりやすい理由として

一つ目の理由は、私立高校の入試が緩くなっていることです。

これは、少子化やコロナ禍などの影響で、私立高校の志願者数が減っているからです。

志願者数が減れば、合格率が上がります

また、私立高校は経営上の問題で、生徒を多く入れたいと考えています。
そのため、入試を難しくするよりも、易しくする方が得策だと判断しています。

二つ目の理由は、私立高校専願者が自分に合った学校を選んでいることです。

私立高校専願者は、一つの学校に絞って受験するわけですから、
その学校に対して強い希望や関心を持っています。

また、その学校のレベルや特色をよく調べています。
そのため、自分の能力や目標に合った学校を選ぶことができます。

自分に合った学校を選べば、入試でも自信を持って臨むことができます。

受験前あるある

受験前は夜遅く前頑張って勉強するこどもも多いです。

寒いし、乾燥するのでコホコホ、咳をしだしたらケアをしましょう!

親としてはカラダをしっかり整えて、勉強に集中できる環境をつくることまでしかできません。

今話題の商品だけに品薄ですが、これからさらに手に入りにくくなるので確認しておきましょう!


高校受験の専願と併願のメリットとデメリットの比較

比較項目専願併願
合格率高い低い
受験日程早い遅い
対策難易度低い高い
入学金高くなる安くなる
授業料高くなる安くなる

メリット

  • 専願
    • 合格率が高い
    • 受験日程が早い
    • 対策がしやすい
  • 併願
    • 第一志望以外に合格するチャンスがある
    • 入学金や授業料が安くなる(公立を選択した場合)

デメリット

  • 専願
    • 合格したら必ず入学しなければならない
    • 第一志望以外に受験できない
  • 併願
    • 合格率が低い
    • 受験日程が遅い
    • 対策が難しい

専願は、第一志望の学校のみを受験する方式です。

そのため、合格率が高く、受験日程が早いというメリットがあります。

ただし、合格したら必ず入学しなければならないというデメリットもあります。

併願は、複数の学校を受験する方式です。

そのため、第一志望以外に合格するチャンスがあるというメリットがあります。

ただし、合格率が低く、受験日程が遅いというデメリットがあります。

【まとめ】私立高校専願は落ちないってホント?落ちる確率ともし落ちたら?

まとめると、私立高校の専願受験はほぼ落ちないというのは事実ですが、落ちる確率も存在します。

私立高校専願で落ちる理由は様々であり、克服するためにはさまざまな対策が必要です。
落ちる人の特徴や共通点もあるので、注意が必要なので努力は怠らないようにしましょう。

もし私立高校専願で落ちた場合、パニックにならず
落ちた結果や原因を冷静に受け止め、
次のステップを考えることが大切です。

多くの人は併願校や補欠合格などの選択肢もありますので、焦らずに対処しましょう。

最後に、私立高校の専願と併願のメリットとデメリットを比較し、
自身の状況に合った受験戦略を立てることも重要です。

自分の目指す進路や環境に合わせて、最適な選択を行いましょう。

心配ばかりしてしまうのもわかりますが、しっかり今できることを100%することが
結局は早道です!
よい結果がでますように!

頑張ってくださいね!応援しています!

目次