高梁市花火2023(備中名物成羽愛宕)の有料席と渋滞回避のコツ&駐車場

当ページのリンクには広告が含まれています。
seiwa-atagohanabi.jpg

300年以上の歴史を持つこの伝統的な花火大会が、今回6年ぶりに帰ってきました!!
高梁市で繰り広げられる「備中名物成羽愛宕大花火2023」
今年も多くの人々の心を温かく照らし出します。

駐車場から有料席の案内、アクセス・混雑&渋滞回避方法や穴場スポットなど
ちょっとしたコツを紹介しています。

秋の一夜を最高の思い出にするための情報を、ぜひチェックしてくださいね。

*8月中旬での公式ページを参考にしてまとめています。
まだ発表されていない箇所は、過去の内容を参考にしていますので
最新の情報は公式ページを必ず参考にしてくださいね。

目次

成羽愛宕大花火2023の有料席ガイド

成羽愛宕(なりわあたご)花火大会2023の有料席についてまとめました。

堤防の下の中心部は有料席(自由席)になっています。
予約はないので、いい場所は当日早い者勝ちです!

項目詳細
開場時間午後4時(それ以前は入れません。)
料金お1人様1000円(保育園児以下は無料)
出入口①ローヤ小路出入口
②金光教小路出入口
③上中ノ丁小路出入口
観光バス等 団体有料観覧席(要予約)
有料枡席約120升席(予約順)
料金1升席(8人程度) 20000円
連絡先〒716-0111 高梁市成羽町下原432-1 TEL 0866-42-2412 FAX 0866-42-2012
仮設トイレ20箇所、文化センターのトイレ、金光教成羽支部のトイレ、観光協会の仮設トイレあり
atagoyuuryouseki.jpg
引用:公式ページより

無料観覧席の場所

堤防の上、堤防の下東側、堤防の下西側は、無料観覧席となっています

夜の川沿いは風が吹くと寒いので、防寒具を忘れずにもっていきましょう。
鑑賞するときイスが冷たくてお尻が冷えたり、
地べたに座ると足が冷たいなどつらいですよね。

そんなとき、どこでも使えるヒーター式の座布団「神」グッズすぎます!
モバイルバッテリーがあればどこでも使えるんです!

ホッとあったまりながら、ゆっくり秋の夜空で花火を楽しんじゃいましょう!

家で犬か猫を飼っている人には、猫ちゃんたちの布団にも使えるし、
アウトドアや車内、子供の発表会などでも重宝しますよ!

90日間 保証付き! (^^)/

成羽愛宕大花火2023渋滞回避(迂回)方法と交通規制

kagura.jpg

帰りはとくに大渋滞します!
花火大会終了後、一斉に帰るため、しかも交通手段が
車しかないため時間がかかります。

行きと帰りとで分けて渋滞回避の説明をしていきますね。

渋滞回避方法

行き(渋滞回避)

総門橋は午後7時に車両通行止めになります。
国道313号からかぐら橋を渡り、元成羽高校グランドに止めるのがオススメ。

帰り(渋滞回避)

国道313から180号の高梁穂面は渋滞でほぼ車は動きません。
なので
岡山・倉敷方面にお帰りの方は

国道313を下り、川上町方面⇒井原廻りで帰ることをオススメします。
川辺駅まで迂回時間約50分(約50km)

高梁・新見方面にお帰りの方は

成羽からかぐら街道を利用して⇒松岡大橋⇒国道180号経由で
高梁市に出るのがオススメ。
高梁大橋まで迂回時間約35分(26km)。


ゆったりとマイペースに流されずに帰りたいなら、
花火が終わってから無料観覧席の下左側で行っている「備中神楽」を
観賞して時間をずらして帰ることをおすすめしますよ。

当日は特別神楽紳殿を設けていて、国指定重要無形民俗文化財の「備中神楽」
最優秀神楽師が熱演するので、見たことがない人は一見の価値ありです!

交通規制

2023年の交通規制の詳細はまだ発表されていませんが、
過去の開催時には総門橋、鶴見橋、成羽橋が通行止めとなりました。

なので、今回の交通規制も同じところは規制される可能性がありますので
最新情報の確認をしてから行きましょう。

成羽愛宕大花火2023(高梁市)のアクセス方法

成羽町は、電車が通ってない上に盆地にあるため交通手段は車しかありません。
6年ぶりの開催となるこの年、
多くの人々がその美しい花火を楽しみにしているので混雑は必至でしょう。

この記事では、アクセス方法や渋滞を回避するための情報をまとめました。

電車でのアクセス

JR「備中高梁駅」から「成羽・地頭行き」バスに乗り、
「成羽」バス停を下車。(17分 \470)

バス停から会場まで徒歩約5分。
ただし、行きは問題ないですが(高梁⇒成羽)、

帰りはバスの運行ありません。
なので帰りはタクシーを予約しておかないといけませんので注意してください。

当日慌てないためにも、事前にアプリを入れておいて
スムーズに予約できる準備だけでもしておきましょう!

地域によっては予約できないエリアもあるので
事前に確認しておきましょうね!

使い方なれると本当に便利なアプリですよ!
>>タクシーが呼べるアプリGO《ゴー》<<

アプリダウンロードでお得なクーポン付!!

車の場合のアクセス

岡山市中心部から国道180号・313号経由で約70分。
岡山道「賀陽IC」から国道313号線経由で約30分。
カーナビでの検索は「成羽小学校」を目的地として設定。

成羽愛宕大花火2023の駐車場ガイド

成羽愛宕(なりわあたご)花火大会2023の駐車場についてまとめました。

臨時駐車場 有料

駐車場名料金備考
成羽病院1,000円/台通称「成羽病院」として地元で親しまれている。
正式名称「高梁市国民健康保険成羽病院」
成羽小学校1,000円/台高台に位置している。会場からは徒歩20分以上。
成羽中学校1,000円/台会場からの距離が5km以上と遠い。
旧成羽高校1,000円/台現在は高梁市の高等学校として使用されている。
福祉センター1,000円/台成羽総合福祉センターとして知られる。
柳町/白谷/妙見町 私有地約1,000円/台花火大会用の駐車場として開放されることが多い。
(料金は過去の情報をもとにしています。)
*打ち上げ場所から近い一部のみ掲載

二輪車:1台 200円
バス、マイクロ:1台 3000円
 となっています。

parking.jpg
引用:公式ページ

無料駐車場

なりわ運動公園

花火大会の混雑を避けてゆったりと
花火を楽しむことができる穴場スポットでもあります。

公園内にはトイレや自動販売機もあり、便利です。

花火大会会場から約2km、徒歩20分。夜間は照明がないので、ライトの持参がおすすめですよ。

目次