玉名花火大会2023渋滞回避のおすすめスポット!厳選穴場7選と屋台情報も!

当ページのリンクには広告が含まれています。
tamana-hanabi.jpg

熊本県玉名市で行われる玉名花火大会4年ぶりの開催です!
これに伴い、「玉名納涼花火大会」から「玉名花火大会」へ大会名が変更になります。

熊本県でも最大規模のこの玉名(納涼)花火大会はミュージック花火を
中心としたプログラムで音と光の幻想的な演出「音楽火(おんらくか)」が大人気です!

ワイドスターマインや仕掛け花火など、多彩な演目も目白押しで楽しめると
観覧者からの評価も高いです!

この記事では、玉名花火大会の意外な混雑回避方法と穴場7選!
その他、駐車場と屋台もアクセスについてまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

玉名花火大会2023の混雑・渋滞情報

熊本市内中心部からのアクセスも下道で1時間弱と良いため、
混雑必死の大人気イベントとなっています。

特に例年だと、20時からの打ち上げ開始に向けて、18時頃から混雑が始まると言われています。
19時を過ぎるとさらに混雑が増すので、早めの到着がおすすめです。

交通規制

17時から22時まで会場周辺は規制されます。
(場所によっては18時、19時から規制スタート)
一部のエリアでは午後6時から午後11時までの交通規制があります。

玉名花火大会のおすすめの混雑を回避する過ごし方

帰りは混雑が予想されます。

なので、混雑が収まるまで温泉(銭湯)に入って
ゆったりくつろぐといいですよ。

もちろん、早めに場所取りして、打ち上げ時間まで
温泉に入って時間をつぶすという使い方もOKです。

なかには家族風呂もあるので小さいこどもがいる家庭
ここでお風呂に入れておけば、帰ったあとは
あとは寝るだけの状態にしておくとラクですよね。

近場の温泉(どこのほぼ同じ地域に密集していますよ。)

  1. 玉の湯
  2. つかさの湯
  3. 玉響(家族風呂)

玉名市大衆浴場「玉の湯」

昭和30年代からある、地元の人達で賑わう公衆温泉

目次