紅茶は何歳から子供に飲ませてもOK?飲ませる前に知っておきたい事

当ページのリンクには広告が含まれています。
tea-drink-children.jpg

お菓子を食べるときペットボトルのミルクティーやレモンティーが最高に合う、至福の時間!!
子供が欲しがるから、何も考えないであげてたけど、紅茶って何歳から飲ませていいのでしょう?

紅茶は適量であれば4歳~がおすすめです。
なぜかと言うと紅茶にはカフェインが入っているからなのですね。

また、市販のペットボトルだと糖分も入っています。
カフェインと糖分は、子供にあげすぎると体への悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

この記事では紅茶を飲ませるときの注意点と適切な量など詳しく説明していきます。

ペットボトルの紅茶をコンビニで買うときなど、少しでも気にかけて思い出してくれると幸いです。

目次

紅茶は何歳から子供に飲ませてもOK?

tea-drink-children.jpg

紅茶を子供が飲む場合、一緒に考えないといけないのはカフェインです。
つまり、カフェインは何歳から飲ませてもよいか?ということになります。

結論を先に言うと、適量を守るのであれば、4歳~をお勧めします。

これに加え、市販のペットボトルだと糖分も多く含まれています。
なので糖分も併せてどれくらい飲んでよいのかということを
一緒に考えて子供に安心して飲ませましょう。

では、実際に年齢別にどれくらいなら飲んでもよいのか、の目安の表を記載しますね。

年齢別・カフェイン摂取量の目安

年齢カフェイン摂取量(日)
4~6歳45mg
7~9歳62.5mg
10~12歳85mg
参照元:厚生労働省 カフェインの過剰摂取について

厚生労働省のカフェインの過剰摂取について記載されている基準値を表にしました。(カナダ保健省を参考)

年齢別に基準値はあるものの、規制するようなものではないので極論、実際は何歳から飲んでも問題はありません。

ありませんが、個人的には基準値の表に、
3歳未満の数値が表示されていないつまり推奨できない
ということだろうと思っています。

量をまもるのであれば、4歳~なら大丈夫そうですね。

紅茶1杯(200ml)にはカフェインが60mg程度含まれています。
なので、4~6歳ですと小さいコップ1杯がであれば(150ml)問題ないということです。

ちなみにコーヒーだと1杯(200ml)にカフェインは120mlほど含まれています。
紅茶の倍の量のカフェインが含まれていますね。

年齢別・糖分の摂取量の目安

米国心臓学会では2歳~18歳(2歳未満は控えるべき)では
1日にとる糖分は25g(ティースプーン6杯)を基準としています。  

普段食べているもので、糖分の含有量が大体、

  • プリン 13g(ティースプーン3杯と少し)
  • アイスクリーム 45g(ティースプーン約11杯分)
  • カルピスのような乳酸菌飲料(500ml)50g(ティースプーン12杯分)

と、言われています。
25gという数字は厳しい基準ではあるものの、
普段から糖分をとりすぎていることがよくわかりますね。

子供に紅茶を飲ませる前に、親が知っておきたいこと

子供に紅茶を飲ませる前に、親が知っておきたいこととして、
カフェインの取りすぎ、糖分のとりすぎは体に悪影響を
及ぼすことがあることを理解しておきましょう。

また、カフェインが入っていない紅茶ならよいのか?についても見ていきましょう。

カフェインの取りすぎによる子供への影響

  • 睡眠障害:寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めたり、睡眠時間が短くなったりします。
  • 不安やイライラ:心拍数や血圧が上がったり、神経が過敏になったり、落ち着きがなくなったりします。
  • 胃腸障害:胃や腸の働きが悪くなったり、吐き気や下痢を起こしたりします。
  • 骨粗しょう症:カルシウムの吸収が悪くなったり、骨がもろくなったりします。

カフェインを過剰に摂取すると悪影響を及ぼします。
カフェインによる感受性は個人差があるので、少しでも異変があったら病院でみてもらいましょう。

糖分の取りすぎによる子供への影響

  • カロリーオーバーによる肥満
  • もっと甘いものが欲しくなる依存症
  • 攻撃的になる
  • 記憶力の低下
  • 虫歯

など、糖分の過剰摂取は体によくないのは言うまでもないですね。

ノンカフェインなら大丈夫?

子供と飲む場合は「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」といった
キーワードがある紅茶なら大丈夫です。

カフェインの量は問題ないからがぶ飲みだぁーとなりそうですが、
糖分の量も忘れないようにしてくださいね。

いずれもキーワードもカフェインの量が低いことを表す言葉なので子供や妊婦さんにもおススメですよ。

ノンカフェインと似たような言葉。

  • 「ノンカフェイン」カフェインが全く0で含まれていないもの。
  • 「カフェインレス」➡カフェインが0ではなく、もともと少ないもののことを言います。(カフェインが0.1%以下)
  • 「デカフェ」➡もともとカフェインを含んでいるものからカフェインを取り除いたもの。
    つまり100%カフェインを含まないというわけではない。

市販のペットボトルで子供が安心して飲める紅茶

市販されているペットボトルの紅茶を選ぶ場合、

  • 無糖(微糖)
  • ノンカフェイン(カフェインレス、デカフェ)

などが書いてある飲料を選びましょう。

市販されている紅茶で紅茶花伝(コカ・コーラ)、リプトンの公式ページを確認したところ
カフェインの含有量についての正確な数値はのっていませんでした。(あくまでも一般的な数値のみ)

午後の紅茶(KIRIN)は記載れていたので表にまとめてみました。

午後の紅茶
(KIRIN)
カフェイン含有量
(100ml)
糖分
(100ml)
4~6歳基準値
(カフェイン45mg)
糖分の基準値
(25g以下)
ストレートティー14mg20g320ml飲める125mlまで
ミルクティー21mg7.8g210ml飲める320mlまで
レモンティー9mg7.0g500ml飲める350mlまで
おいしい無糖11mg0g400ml飲める
砂糖の摂取量基準値:WHO(世界保健機関)から参照

表と基準数値からわかるように(4~6歳の場合)、午後の紅茶場合は

  • ストレートティーなら小さいコップ1杯
  • ミルクティーならペットボトルの3分の1くらい
  • レモンティーならペットボトルの半分程度
  • 無糖ならペットボトルの3分の2くらい

を目安としたところでしょうか。(あくまでも単純計算で出した数値です。)

なお、表の基準値は1日を通して、食事やおやつ、ほかの飲み物でも摂取するトータルの数値なので、
ペットボトルの紅茶だけで基準値いっぱい摂取するのは控えましょうね。

【まとめ】紅茶は何歳から子供に飲ませてもOK?飲ませる前に知っておきたい事

この記事では、紅茶が飲めるのは4歳~がおススメです。

なぜならカフェインの量を注意する必要があるのと、
市販されているペットボトルの場合だと、
糖分の量にも気を付けましょう!ということを説明してきました。

ただ、毎日過剰に飲ませることはあまりないと思うので、
そんなに過敏になる必要はないと思います。

紅茶のクッキーやシフォンケーキなどもありますが、
カフェインの量とかも微々たるものです
(子供が一人でホールケーキ丸まる1つ食べるとかあまりないでしょうから)

それよりも、紅茶という飲み物の味や、香り、紅茶に合うおやつなど
食の楽しみ方を子供に伝えながら楽しめるとよいですね。

適量を守りながら、安心して子供たちと素敵な時間を
おいしい紅茶とともに癒されてくださいね!

目次