うなぎが高い!代わりに穴子でも問題ない?土用の丑の日の新定番?

当ページのリンクには広告が含まれています。
unagi-anago.jpg

夏の風物詩、土用の丑の日。
うなぎを買いにスーパーへいくと

「た、高っ!こんなに高いのうなぎって?」とみんな思うはず!
特にこどもがいる家庭なら打撃はもっとでかい!

何とか安く済ませたいのが本音だが、一年に1回くらいは奮発してもよいものか頭の悩ましどころ。
そこで、代わりとしてあなたも「うなぎの代わりにアナゴはどうだろう?」と考えたことはあるはず!

そう思ってこの記事にたどり着いた方もいるのではないでしょうか。

結論として、穴子を代わりに使用しても問題ありません

この記事では、うなぎとアナゴの違い、アナゴが土用の丑の日の代替品として適しているのか、
そしてその理由や背景について詳しく解説します。

今ではいろんな調理方法がすぐにわかるサイトや本もあるのですごく便利ですね。
私の友人も、うなぎの価格高騰に悩み、今年の土用の丑の日にはアナゴの蒲焼きを試してました。

アナゴだと家計にも優しい価格で、家族みんなで楽しむことができたと言っていたので、
うなぎにこだわる必要もないなぁと思えてきました。(土用の丑の日とうなぎの真実を知ってから)

この記事の情報を活用することで、あなたも新しい土用の丑の日の楽しみ方を
見つけることができるかもしれませんよ。

伝統を守りつつも、新しい選択を取り入れることで、
より豊かな食文化を楽しむヒントが見つかると幸いです。

「土用の丑の日=うなぎはウソ?」平賀源内という人物が広めた商売繁盛の手口

目次

高いうなぎの代わりに穴子でも問題ない?アナゴは代替品として適しているのか?

土用の丑の日に高いうなぎの代わりに穴子でも問題ないのか?
アナゴは代替品として適しているのか?について、以下のようにまとめてみました。

アナゴは、うなぎと同じウナギ目に属する魚で、見た目や食感も似ていますが、味わいはもっとさっぱりしています。
しかも栄養価も高く、価格も安いので、うなぎの高騰や減少に悩む方には「あなご」は代替品としてぴったりです。

「あなご」をおすすめの人

  • ダイエット中など、低カロリーで高たんぱくの食材で夏バテ防止をしたい人
  • 天ぷらやかば焼きなど料理の幅を広げたい人
  • こどもが育ち盛りでとにかく量が一番!という方

「うなぎ」をおすすめの人

  • 健康診断でも特に問題なくて、こってり脂とタレでも問題ない人
  • 土用の丑の日は「うなぎ」と決まっている人

うなぎとアナゴの違い

unagi-anago.jpg

うなぎとアナゴの違いを「栄養価の高さ」、「味わいや食感の良さ」、「価格の安さ」の面で比較してみました。

うなぎとあなごの栄養価の違い

まず、アナゴの栄養価の高さについてです。
アナゴは、うなぎと比較してもたんぱく質やミネラル類が豊富に含まれています。

ビタミンAやビタミンB群などの栄養素はうなぎの方が多く、
DHAやEPAなどもうなぎの方が多く入ってはいますが、穴子にも豊富に含まれていますよ。

また、カロリーや脂質は穴子の方が2倍ほど低く、ヘルシーです。

これらの栄養素は、疲労回復や免疫力向上・夏バテや熱中症などにも効果的です。
うなぎとほぼ似たような効能ですね。

うなぎとあなごの味の違い

次に、アナゴの味わいや食感についてです。
アナゴは、うなぎよりも淡泊な味わいが特徴で、脂っこさが少ないため、
さっぱりとした食感を楽しむことができます。

逆にうなぎは脂がのっていて、こってりした味わい。

また、アナゴは柔らかくてふわふわしているので、噛みごたえもありますね。
アナゴは、蒲焼きや天ぷら、寿司など様々な調理法で楽しめまるのが大きな特徴。

特にこどもが大好きなのは、甘辛いタレじゃないでしょうか?
我が家の娘も大好きです!
逆にこの甘タレがあれば、嫌いな魚でもパクパク食べてくれます!

家で簡単に天ぷらができちゃうクライジナートの電気フライヤーがとても便利です!

穴子の天ぷらだけじゃなく、串カツパーティーや
子供が大好きなポテトフライ・ナゲット、エビフライなど

これ1台あれば、揚げ物はすべてできちゃいます!

電気フライヤーなのでガスコンロも使いません。
なので、台所のスペースもすっきり!

そんな揚げ物が楽しくなる便利なフライヤーがおすすめです!


うなぎとあなごの価格の違い

最後に、アナゴの価格の安さと公共団体の推奨についてです。
近年、うなぎの価格が高騰している中、アナゴは比較的安価で
手に入れることができるため、経済的な選択としても適しています。

例えば、スーパーで売られている蒲焼き1人前で比較すると
うなぎは1000~3000円しますが、
あなごは500~1000円程度です。

これが家族人数分となると「ゾッ」としますね。

土用の丑の日にうなぎ以外の食べ物を食べるのが普通

昔から「土用」には胃腸に良いものを食べるのがよいとされ、
特に夏の土用(土用の丑の日)は「う」のつく食材を食べると
夏バテに効果的だと言われてきました。

つまり、「う」なぎだけでじゃないということですね。

ほかにも

  • 牛(体力をつける)
  • ウリ(体内の余分な水分を排除する)
  • 梅(食欲増進)
  • うどん(消化促進)

などがあります。
これらを組み合わせて

肉うどんとか、冷たい梅うどんとかも、簡単にできそうですよね。
うなぎにこだわらず、これらのメニューも参考にしてくださいね。

なにかと麺があれば助かる!でも冷凍庫パンパンだから入らない!
という人にはおすすめです!常温で90日間保存できるし、

TV放送されてお店も話題の本場のうどんが家で簡単につくれます!

ネットでさぬきうどんランキング1位!なので売り切れ続出みたいです。
在庫あるうちにゲットしちゃいましょう!

今ならクーポンもついて、送料無料!


【まとめ】うなぎが高い!代わりに穴子でも問題ない?土用の丑の日の新定番?

うなぎが高い!代わりに穴子でも問題ない?土用の丑の日の新定番?についてまとめてきました。

  • うなぎは脂質が豊富でエネルギー源として優れている。
  • アナゴは低カロリーで、うなぎの代替品としての適性が高い。
  • うなぎの価格高騰や環境への懸念がアナゴの消費を後押ししている。

という内容でしたね。

うなぎもあなごももちろん、おいしい食べ物なので、
自分にあった料理法と食べ方でそれぞれの食材を楽しんでください。

また、アナゴは公共団体の推奨もあり、環境や資源保護の観点からもアナゴの選択は賢明です。
今後、土用の丑の日には、うなぎだけでなく、アナゴも選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

うなぎのかば焼きも、穴子の天ぷらも両方食べたい!という人は
贅沢に両方食べるのもアリかもしてませんね!

しっかり食べて疲労回復して、元気モリモリになっちゃいましょう!!

目次